腸のインフルエンザの症状、期間と適切な食事

インクルード 腸のインフルエンザ それはしばしば胃腸炎、ウイルスによって引き起こされる胃や腸の炎症と混同されます。腸インフルエンザは胃腸炎と区別多数の機能を持っています。質問に答えるために、見てみましょう、 あなたの症状と期間は何ですか適切な食事 それらの日の間に従います。

腸インフルエンザ これは、大人と子供に影響を与えることができるので、あなたは他の胃腸の苦情との混同を避けるために、症状を認識することを学ぶ必要があります。何を食べるために、 どのくらいの病気 そして何 最も効果的な救済 私たちは、腸のインフルエンザに影響を与えるであろういくつかの方法があります。

腸インフルエンザ, 通常、すなわち、良性のコースがあり、 数日後 痛み、する傾向があります 主要なリスクなしに前進 または合併症。しかし、我々は唯一の疑惑を持っているかのように、我々は、症状を認識するかどうか、特に子供の場合には、医師に相談することをお勧めします。また、 症状が続く場合 数日後、それがベストです 医者を参照してください, これは、症状の重症度を評価するために身体検査を行います。場合によっては、感染症の原因で生物を同定するために糞便分析を実行する必要があるかもしれません。

腸のインフルエンザ:期間および救済

腸のインフルエンザの期間 それは1人から別のものに変わります, でも、同じ処理を以下に示します。ソフトダイエットが続いている場合は、補完するものとして 薬物療法 医師が処方、平均罹病期間は5日間です。 処理が中断された場合, または適切な食事が続いていません、 症状が悪化することが そして、回復を長くします。医師が処方していない限り、抗生物質などの医薬品は、回避することができます。主に規定 antiviriales これは、最初の症状の発症時に撮影した場合には、 腸のインフルエンザの期間を短縮. いくつかのケースでは、のためのイブプロフェンまたはパラセタモールを取るのに十分です 痛みを和らげます.

我々はしなければなりません ドリンク流体, 特に水、流体の腸インフルエンザたっぷり使って失われているため。それは不可欠であり、そのため、脱水と安静を避けます。

また、症状の発症は、開いて胃を残すために、一度に時間のカップルのために食べることを避けることをお勧めします。それは選択するのが最善です 食べ物を消化しやすいです. あなたは吐き気を持っている場合、それは食べ物を取って回避し、点滴を選ぶ、例えばカモミール、胃を落ち着かしてから(例えばヨーグルト、)何かの光を取るのがベストです。

腸のインフルエンザ:何を食べるために

あなたが嘔吐行っていたら、食べなければならないが、あなたは行う必要があります 徐々に食べ物を導入. しなければなりません 非常に軽い食事療法で始まります そして、液体、次に渡します 固形食. 非常に軽い食べ物を食べることをお勧めします。彼らは良い、例えば、米、白パン、パスタ、茹でたジャガイモ、白身魚や鶏肉です。すべきです 避けます, 一方、 単純な糖が豊富な食品, 下痢以来、浸透圧効果によって悪化することができます。エビータも 軽食, フルーツジュース、全乳、チョコレート、カフェイン、揚げ物、脂肪や辛い食べ物。また、アルコールを消費しません。

また、に興味がある可能性があり:腸内細菌叢と胃腸炎を強化するためのホーム救済:私は悪い感じではないでしょう食べて何を。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 5 = 1