原因と対策:下腹部の痛み

あなたは気づいています 下腹部にある奇妙な痛み? 、迷惑な困難を無視すると、その原因は多様で痛みことができるので、複数の疑いを生成することができます。下腹部の痛みの背後にあるものを見ることに加えて、我々はまた、いくつかが表示されます 軽減するのに有効なことができ救済.

下腹部の痛み、でも明確な症状は、また、それが発生した理由を正確に懸念が知らない生成することができます。この痛みを明らかに内容を正確に把握するには、アカウントにその場所、強さ、それが他の症状を伴う場合を取る必要があります。このように、下腹部の痛み あなたは、胃腸の問題を警告することができ, だけでなく、女性の障害 -または月経周期にリンク. のは、この痛みと考えられる原因と対策についてのいくつかの有用な事実を見てみましょう。

まず、下腹部の痛みの最も多い原因の一つに、彼らは月経です。原理的には、ルールに付随して、日中消え症状です。下腹部の痛みは、ルールの日の間、または(月経前症候群)の前の日に起こり得ます。最初のケースでは、厄介であれば原則として残ります。後者の場合には通常、気分のむらを伴うことながら、神経過敏や頭痛を増加させました。考えられる解決策は、鎮痛剤として、不快感を和らげるために薬を投与することにより、この場合にはあります。彼らはまた、非常に効果的で自然な薬草です。

痛みが下腹部の右側に配置されている場合には、虫垂炎、付録の炎症、大腸に接続されている小さな領域である可能性があります。この場合、すぐに介入する必要があるかもしれないように緊急の医者に行くことをお勧めします。

痛みは背後に、子宮、子宮内膜の内層の損失を特徴と子宮内膜症の問題、および他の組織や臓器への拡張可能性があるため、見落としや症状を過小評価していない女性の疾患に関連しているとき。痛みは、この場合には、本当に耐え難いなってきて、特に、激しい急性および散発的です。現在、薬理学的およびホルモン療法は、症状を制御するのに良い結果を与えています。

また、下腹エリアの痛みの起源 これは、尿路感染することができ, 膀胱炎など。これは、急性または慢性炎症であります 膀胱, 尿の収集を担当するボディ。感染は、内部または外部の、細菌および細菌の増殖によって引き起こされる可能性があります。治療は、感染症を担当する微生物の作用に対抗するために抗生物質に基づいています。

下腹部の痛みを伴います このようけいれんなどの症状, 膨満感、下痢や便秘、過敏性腸症候群の症状かもしれません。これに対処するには 慢性消化器疾患 適切な食事に従うことが不可欠です。医師は、関連する障害を緩和するために適切かつパーソナライズされた薬物治療を処方します。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

14 − 4 =


Intoleranse kaffe Kamasutra 2015 photos Oranssi huulipuna إيجابيات الصورة عبارات عن عيد الحب او ملاحظه