トレンド秋/冬2015年から2016年のメイクアップ:8トレンドグラム


    あなたは新しいを発見する興味があります メイクトレンドこの秋/冬2015年から2016年? お勧め 8つのもっと魅力的な動向 あなたは、トップ次の冬であることを見逃すことはできません。黄金の太陽の影響からまで暗い唇は、多くのほんの一部であります 美容トレンド. 私たちはそれらを一つずつを参照してください。

    1.金色の肌、冬でも

    インクルード 日焼け これは明らかに、すべての年の最後が、一年中輝く肌を持つことは可能ですしません。私たちは、少しトリックのお手伝いをします。皮膚シアーだけで使用 温かみのあるアースカラーでセルフタンニング, それは、キャットウォークに見られるように モスキーノ, 通常、太陽の下で初めて、私たちを与える顔の地域でこれらの製品を適用します 鼻、額と頬骨.

    2.タブ効果Cloggy

    選びます フラットフランジと個々のストランドスタイルcloggyに分け, あるいはまた、タブとして知られています ツイギー. ブルーガールとレイチェル・ゾー 彼らは、キャットウォークに、この機能の60年代にそのモデルの特徴を行いました。

    3.自然なリップグロス

    インクルード リップグロス, 美の専門家の年が提出最後に、彼が帰ってきたとの光沢のタッチで終了する最適です ヌードと自然メイク, 今後数ヶ月のための全体的な傾向。

    4.アイライナーグラフィック

    Gangwaysは疑う余地はありません、 アイライナー 次の冬がなるために グラフィック, でも一人で、たとえば、メイク、猫の目の本質を構成することができます。

    5.ゲジゲジ眉毛

    彼らは皆に合うが、流行にはるかに次のシーズンはありません。私たちは、次のような混雑した、太い眉毛、について話します カーラ・デルヴィーニュ, 非常に混雑したが、信じられないほどきちんとしていて、具体的に構成されました 鉛筆と固定ゲル.

    6.知覚できないメイク

    メイクがありますが、見ていません。それは、ヌード自然と検出できないメイクです。これは、今後数ヶ月のために不可欠なツールです。 ベース 透明肌と完璧な、 マスカラ タブと 少し塗装 ピンク, 彼らは、この傾向の礎石です。

    7.赤い唇、古典

    赤と黒のアイライナーの目の唇グラフィック モデル用 サンローラン. 赤い口紅は決してファッションのうち、古典的であり、再度、季節の必需品の一つです。

    8.紫の唇

    魅力 暗い唇 美しさのトレンド秋/冬2015年から2016年の様々な世界に浸透します。彼らはと結合して、ベリーのトーンから濃い紫色の範囲 厳密に自然なアイメイク.


    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    46 − 45 =


    Bol owulacyjny pid Danacol laxatif Erstatning for kød Eruptions cutanees vih Madre frasi